MENU

髭脱毛で後悔しないために!知っておきたい注意事項

髭脱毛を行ったからといって、必ずしも全員が納得のいく結果に終わったという訳ではありません。
中には髭脱毛を行った事で、後悔の渦に飲み込まれてしまったという方も…。
意気揚々と明るい気持ちになるべく脱毛を行ったのに、逆に落胆してしまうのには一体どのような原因があるのか?
実は、髭脱毛には思わぬ落とし穴があったんです!
これから髭脱毛を考えている方は、最低限以下の事を頭に入れて注意しながら生活する事を心掛けるようにしましょう。

 

脱毛中に行ってはならないNG行為とは
  1. 日焼け
  2. 脱毛器にもよりますが、一般的に多く使われているフラッシュ脱毛器やレーザー脱毛器の場合メラニン色素に反応して毛根を破壊する仕組みになっているため、日焼けした状態で施術を行うと火傷してしまう可能性が考えられるのです。
    もちろん脱毛期間中もNG
    脱毛器機によっては施術が行える場合もあるので、サロンやクリニックのスタッフに確認をとるようにしましょう。

     

  3. 脱毛期間中に生えてきた毛の自己処理
  4. 脱毛は時間をかけて行われるため、通院期間中に髭が生えだしてまだらになってくる事があります。
    髭が生えてきてしまうと、どうしても気になってしまいますよね。
    しかしここは我慢のしどころ。次の脱毛日の3日〜1週間前は自分で引っこ抜くなどの自己処理を行わないよう注意しましょう。
    せっかくサロンやクリニックに通っていても、脱毛効果を得る事が出来なくなってしまいます。

     

  5. 飲酒・運動
  6. 脱毛はレーザーやフラッシュなどの器機によって毛根を死滅させていきます。つまり普段弄らないような肌の奥を刺激している事になります。
    この状態でお酒や運動など血の循環が良くなるような行動をとってしまうと、顔が腫れたり痛みが出てきてしまう事があります。
    当然入浴やサウナもNGという事になります。
    日常的にジムなどの運動を欠かさず行っているという方は、別の日にするなどの対策をとるようにしましょう。

     

    病人という訳ではないので日常生活を送る分には問題ありませんが、安静第一という事は頭に入れておきましょう。

その他の注意点
脱毛にはさまざまな方法がある

フラッシュ脱毛、レーザー脱毛は度々出てくる施術方法ですが、他にも針を用いるニードル脱毛やクリームを用いた脱毛などいろいろな施術方法があります。

「人気があるからこの方法の脱毛にしよう」と周りの意見に流され過ぎず、自分の目的や毛質に適した施術法を見つけるようにしましょう。

 

処理した毛が戻らない施術法もある

施術方法の中にニードル脱毛というものがあります。
この針を用いた施術は、脱毛の中では最も高い効果を発揮する方法と言われており一度処理を行った部分は二度と毛が生えてこないとされています。
つまりどんなに歳を取っていっても、きれいなツルツル肌になるという訳です。
若い内はとにかく髭をなくしたいと考えていても、将来逆に髭がない事に恥ずかしさを感じてしまう事もあるかもしれません。
ニードル脱毛の際は、よく考えた上で決断した方が良さそうですね。

 

このように、髭を脱毛する際は気を付けておくべきさまざまな注意点があります。
どんなに効果抜群とうたっていても、注意すべき事を守らなければただ後悔して終わるという悲しい結果になってしまいます。
そのような事態にならないためにも、施術を受けている最中という自覚をしっかり持ち正しい生活を心掛けていきましょう。

 

メンズ脱毛のおすすめサロン&クリニックや料金などの詳細についてはトップページへどうぞ。